SEO対策徹底分析。

SEO対策の注意点(1)

 SEO対策をSEO対策の専門会社に依頼せずに、自分で行いたいと考えている人も中にはいらっしゃるでしょう!SEO対策の会社に依頼すると、結構費用がかかることは言うまでもありません。ホームページ制作やSEO対策など、自ら行うことができれば、それだけで費用削減にもなりますよね。そこで、これをお読みの皆様にも分かりやすくSEO対策についてご紹介しています。これを参考に、検索エンジン結果のトップを目指しましょう!!

スパム行為について

 検索エンジンはホームページの順位決めを行う際、関連すう「キーワード」を重視します。もし、キーワードが【SEO】なら、SEOと書かれたテキストを多く含むサイトを一つの基準として選んでいるのです。それに目をつけたSEO対策者は、故意にこのキーワードを多く含むサイトを作ったりします。つまり検索エンジンの特徴を悪用して、トップ表示させる行為です。これを「スパム行為」といいます。順位を決める一つの基準ならいいのでは?と思うかもしれませんが、スパム行為と検索エンジンに判断された場合、順位から飛ばされてしまい上位に表示させることができなくなるのです。そのスパム行為の一部をご紹介したいと思います。

・テキスト系のスパム行為

 キーワードが一つの判断材料ですが、これを利用したスパム行為です。通常、キーワードを羅列するだけではホームページとしての役割が果たせません。そこで考えたのが、何もない場所にキーワードを打ち込む方法です。例でいうと、背景色にテキストを同化させる方法。背景色が黒なら黒のテキストを使ってキーワードを羅列するのです。人の目では見えないので見た目上はキレイなサイトですが、裏ではスパム行為を行っている可能性があるのです。

・リンクのスパム行為

 googleの検索エンジンのアルゴリズムは、「他サイトからのリンク」を判断基準としています。上位にあるサイトからリンクされているほど、良いサイトと判断するわけです。それを利用して目視できないほどの小さいリンクテキストを埋め込むスパム行為もあり、これを「隠しリンク」と呼んでいます。

・その他のスパム行為

 metaタグにキーワードやサイトの紹介文を入力するのですが、この場所にキーワードを羅列するスパム。それに、検索エンジンにしか認識できないようなページを作って、そこにキーワードを打ち込むといったスパムもあります。スパムは、本人がスパム行為と知らなくても、検索エンジンにスパムと判断されてしまっては上位に表示させることができないので気をつけなければいけません。

SEO対策会社も、スパム行為を行っている会社が存在する!

  現在、インターネットが一般的になり、個人・あるいは企業でホームページを持つことは珍しいことではありません。それを売り上げアップや、販売促進のために利用しようと考えている方も多いことでしょう。予備知識がない方なら、ホームページ制作会社やSEO対策の専門会社に依頼すると思います。しかし、数多くある会社の中には、SEO対策を行う際、「スパム行為」を故意に行っている会社もあるのです。もし、検索エンジンにスパムと判断されてしまった場合は、責任を取らされるのはスパムを行った会社ではなく、あなた自身なのです。

 スパム行為と検索エンジンに判断された場合、さまざまな処罰が与えられます。もしトップに表示されていたとしても、スパムと判断されたら順位外に一気に飛ばされてしまうのです。せっかくSEO対策のためにお金を払ってトップに表示されたとしても、スパム行為と判断されてしまったら水の泡。ムダなお金を支払ったことになります。それにgoogleなどの場合は、URLの抹消といった厳しい処罰もあるため気をつけなければいけません。もし抹消されてしまったら、そのホームページgoogleの検索結果に表示されないことなるので、商品売買を行っている会社ならかなりの損失になってしまいます。SEO対策の会社を選ぶにしても、実績や評判などを考慮して慎重に選ばなければいけません。

Copyright (C) 2008 SEO PLANNER. All Rights Reserved.